カメラリンクロボットケーブルなら信頼と実績のエイム電子におまかせ下さい

カメラリンクロボットケーブル

カメラリンクロボットケーブル
特注OK全数検査RoHS対応難燃対応 UL VW-1

カメラリンクロボットケーブルは、CCDカメラ~フレームグラバー間の接続に使用される「Camera Link」インターフェイス規格対応のケーブルです。弊社通常品カメラリンクケーブルと比較して屈曲性に優れております。「Camera Link」規格は、欧米のMachine Vision関連企業10数社が策定した産業用CCDカメラとフレームグラバーのインターフェース規格で2000年10月にリリースされました。

  • 工場の製造ラインにおいて商品のパッケージや電子部品などの外観検査用可動式カメラとの接続で使用
  • 頻繁なケーブルの抜き差しを要する場合組立タイプと比較して耐久性があるモールド成型タイプをラインナップ
  • 各メーカー製カメラ及びボードとの接続実績有り(接続実績についてはお問い合わせ下さい)
  • 特注長でのケーブル製作も対応可能(ケーブル長 *の実績についてはお問い合わせ下さい)

* 規格で最大ケーブル長は10mと規定されておりますが、お客様のご要望により10m以上の製作実績もございます。

カメラリンクロボットケーブル接続イメージ

カメラリンクロボットケーブル接続イメージ

カメラリンクロボットケーブル 仕様

カメラリンクロボットケーブル仕様

導体 AWG28(19/0.08)
ジャケット(カラー) 耐熱PVC(ブラック:つや消し)
特性インピーダンス 100±10Ω
対間伝搬遅延時間差 50ps/m MAX
対内伝搬遅延時間差 50ps/m MAX
遅延時間(Time delay)
ケーブル径 8.0mm
許容曲げ半径 64.0mm
コネクタ 住友3M社製 MDR26極コネクタ
固定ネジ インチ(#4-40)
Camera Link Base/Medium Configuration

屈曲データ(下記結果は試験結果であり、保証値ではありません。)

90度屈曲試験条件

荷重 500gf
屈曲角度 左右90度
速度 40回/分
マンドレル径 半径40mm

試験結果:100万回以上

90度屈曲試験条件

屈曲回数は、A-B-A-C-Aで1回


摺動屈曲試験条件

曲げ半径 100mm
移動速度 30回/分
ストローク 約1m

試験結果:1,000万回以上

摺動屈曲試験条件

摺動回数は、1往復で1回


本ケーブルには方向性がございます。
両端コネクタに貼付のラベルをご確認頂き、カメラ側/ボード側を正しく接続して下さい。

特にケーブル長:10m他、規格最長のケーブル長をご要望の場合は、サンプルにてご評価頂く事をお勧め致します。詳しくは営業担当までご相談下さい。

カメラリンクロボットケーブル 発注情報

カメラリンクロボットケーブル

型番 製品名 備考
ACLR-M26-MOLD-01 カメラリンクロボットケーブル 1m 参考図面
ACLR-M26-MOLD-02 カメラリンクロボットケーブル 2m
ACLR-M26-MOLD-03 カメラリンクロボットケーブル 3m
ACLR-M26-MOLD-04 カメラリンクロボットケーブル 4m
ACLR-M26-MOLD-05 カメラリンクロボットケーブル 5m
ACLR-M26-MOLD-06 カメラリンクロボットケーブル 6m
ACLR-M26-MOLD-07 カメラリンクロボットケーブル 7m
ACLR-M26-MOLD-08 カメラリンクロボットケーブル 8m
ACLR-M26-MOLD-09 カメラリンクロボットケーブル 9m
ACLR-M26-MOLD-10 カメラリンクロボットケーブル 10m