カテゴリ5eケーブルなら信頼と実績のエイム電子におまかせ下さい

カテゴリ5eケーブル

カテゴリ5eケーブル
特注OK全数検査RoHS対応PoE対応

カテゴリ5eケーブルは、カテゴリ5ケーブルに比べて信号減衰量が小さいという特長を持っており、1000Base-Tの通信にはカテゴリ5ケーブルよりもカテゴリ5eケーブルの方が優れているといわれております。

  • フロアスイッチから各エリア(島HUB)などへの長距離配線には特性が安定した単線タイプが最適
  • オフィスや事務所などでの島HUBからPCなどへの短距離配線には柔軟性がある撚り線タイプが最適
  • 規格内であればお客様ご希望のケーブル長で製作することが可能

カテゴリ5eケーブル 仕様

単線
導体 0.511mm x 4対
配線タイプ TIA/EIA-568B 準拠
シールド構造 無し
ケーブル外被 非鉛PVC
ケーブル外径 Φ5mm
特記事項 -
コネクタ Panduit社製 MP588

断面図 単線


撚り線
導体 7/0.2mm x 4対
配線タイプ TIA/EIA-568B 準拠
シールド構造 無し
ケーブル外被 非鉛PVC
ケーブル外径 Φ5.3mm
特記事項 -
コネクタ Panduit社製 MP588

断面図 撚り線


ストレート配線(568B)

ストレート配線(568B)

クロス配線(568B)

クロス配線(568B)

クロス配線について
10BASE-T、100BASE-TXシステムの場合は4線(2対、ピン番号 1&2 3&6)のみ使用して通信していますが、1000BASE-Tシステムの場合は8線(4対)を使用しているため、8線(4対 ピン番号 1&2 3&6 4&5 7&8)すべての信号を正しく交差(クロス)させる必要があります。


ケーブルカラー一覧

ケーブルカラー

カテゴリ5eケーブル 発注情報

カテゴリ5eケーブル 型番

【オプション】エイム電子では、LANケーブルにラベル/タグを作成・貼付して納品することも可能です。

  • このケーブルはどこに接続されていたんでしたっけ?
  • このケーブルの型番・仕様は何でしたっけ?

予めケーブルにラベルを貼り付けておくことで、わざわざケーブル敷設時の図面を確認したり、当時の担当者に確認する手間が省けます。ラベルは下記種類をご用意しております。詳細につきましてはお気軽にお問合せください。

ケーブルラベル一覧