LANケーブルの最大伝送距離と温度環境

LANケーブルの最大伝送距離と温度環境

CAT6、CAT5e等のLANケーブルの最大伝送距離100mは、20℃±3℃の温度環境における数値です。

温度が上昇するとケーブルの抵抗値が高くなることで信号の減衰量が増加するため最大伝送距離は短くなってしまいます。

そのため敷設する場所(例えば屋根裏など)の温度環境を考慮してマイナスすることが必要です。

温度環境と伝送距離の関係

LANケーブルの最大伝送距離は、温度が10℃上昇すると約3mのマイナスが目安となりますので、30℃の環境では97m、40℃であれば94mまでが最大総ケーブル長の目安となります。

温度環境と伝送距離の関係