10Gigabit Ethernetと光ファイバーの種類(OM3とは?)

10Gigabit Ethernetで使用される光ファイバーについて

10Gigabit Ethernetで使用される光ファイバーは以下の通り。

10GBASE-S 10GBASE-L 10GBASE-LX4 10GBASE-E
波長 850nm 1310nm 1310nm 1550nm
光ファイバーの種類 OM3 OS1 OM1、OM2、OM3、OS1 OS1
伝送方式 シリアル シリアル WDM シリアル
波長の数 1 1 4 1
光源 VCSEL レーザ VCSEL、レーザ レーザ
伝送距離 300m 10km 300m、10km 40km

通信速度の高速化に伴い、レーザがこれまでのLEDから安価で高速伝送可能なVCSEL(面発光レーザ)に移行してきました。 VCSELは、LEDと比較して絞られた光を照射する特長があります。

OM3について

現在、VCSEL光源への対応を前提として光ファイバが製品化され、従来のOM1、OM2では規定されていない「限定モード励振帯域」が登場しOM3として定義されました。

最小モード帯域 MHz・km
全モード励振帯域 限定モード励振帯域
波長(nm) 850 1300 850
光ファイバー種類 コア径(μm)
OM1 62.5 200 500 規定無し
OM2 50 500 500 規定無し
OM3 50 1500 500 2000

全モード励振

<全モード励振>

全モード励振とは、LED光源によりファイバのコア部より広い範囲の光でコア全体に光信号を入射させる方法。


限定モード励振

<限定モード励振>

限定モード励振とは、VCSELレーザ光源によりファイバのコア部より狭い範囲の光でコアの中心付近に光信号を入射させる方法。

関連製品