エイム電子 会社案内

エイム電子株式会社 会社概要

商号 エイム電子株式会社
所在地

[本社]
〒252-0327 神奈川県相模原市南区磯部1353 ※地図
代表TEL:046-253-6299 代表FAX:046-256-5851

[相模原物流センター]
〒252-0336 神奈川県相模原市南区当麻1107-20 ※地図

資本金 20,000,000円
創業 1983年10月26日
代表者 代表取締役会長 中山 哲慈
代表取締役社長 中山 栄志
従業員数 61名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 町田支店、商工中金 八王子支店
主要販売品目 光デバイス製品、光ケーブル&アクセサリー、カメラリンクケーブル、LANケーブル&工事、シリアルケーブル、ルーター用ケーブル、オーディオケーブル、ISDN&局内ケーブル、HDMIケーブル、その他特注ケーブル
主要取引先
(50音順)
株式会社アバック、株式会社アバールデータ、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、株式会社エーディーエステック、NECマネジメントパートナー株式会社、株式会社NTTデータ、エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ株式会社、沖電気工業株式会社、オンキヨー&パイオニア株式会社、サンテレホン株式会社、サンワサプライ株式会社、株式会社システナ、シーティーシー・エスピー株式会社、シーティーシー・テクノロジー株式会社、シネックスインフォテック株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、東芝ソリューション株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、ネットワンシステムズ株式会社、株式会社PFU、三井情報株式会社、ユニアデックス株式会社

<本社アクセス>

代表挨拶

技術がつなぐ、未来をつなぐ

エイム電子株式会社は、1983年に情報通信分野の伝送ケーブルの製造を開始、それから一貫して、機器をつなげる、という技術を磨いてまいりました。

そうした私たちが社会に果たす役割は、インターネットを支える情報通信機器や、日常生活に登場し始めたデジタルサイネージ、日々進歩する医療機器など様々な産業のデータ、映像や音声信号を伝送し、必要な情報やコンテンツを届けるお手伝いをさせていただくことです。

ここ近年、インターネットの動画配信が急速に進み、更に4K解像度などの高解像度化によって通信トラフィックが爆発的に増加しています。これまでのフルHDと呼ばれている映像から、4Kになるだけで解像度は単純に4倍、当然単純計算でデータ量は4倍です。この急増する映像データ、高速化する信号伝送をいかにスムーズに流すか。伝送技術が今まで以上に問われる時代になりました。

今後も、IoTによるデータ量の増加、AIの進化と共に流れるデータ量の増加により、ICTインフラにおけるバックボーンの光通信速度は 100Gbps が主流となり、データ伝送の高速化が更に進むことは間違いありません。

私たちは、そういった最先端技術と新しく生まれるサービスやその伝送トレンドをリードすべく、技術開発に資源を集中し、「出来なかったことが出来るようになる」を目指しながら、

これからも機器をつなぎ、社会をつなぐコネクティングカンパニーとして、みなさまを「つなぐ」お手伝いをしてまいります。

2016年10月1日 代表取締役社長 中山栄志

創業から四半世紀を超えこれまであらゆるオーダーに対応してきた高度な専門性と信頼性。
それが、インターフェースのソリューションを提供するエイム電子の誇りです。

ITネットワークのさらなる高速化・大容量化によって、私たちの社会は、IPインフラをベースに世界中の人々が膨大な情報を同時共有するブロードバンド時代を迎えています。

私たちは、人と人、人と社会をつなぐ情報ネットワークの大切なライフライン=生命線である各種のインターフェース製品とともに、高品質で信頼性の高いコンピュータネットワークを構築するためのベストなソリューションを提供します。

高品質が要求されるコンピュータネットワークのデータケーブルをはじめ、光デバイス、アダプタなどの多様なインターフェース製品とともに、規模の大小に関わらず、柔軟かつ確実なシステム構築をサポートする最先端ソリューションをお届けします。


<エイム電子株式会社 会社沿革>

1983年10月(昭和58年) エイム電子株式会社設立
1991年06月(平成3年) 資本金1,000万円に増資
1993年06月(平成5年) 現住所に本社移転
1995年10月(平成7年) インターネットプロバイダーとして「NET16さがみ」開設
1999年09月(平成11年) CISCOケーブル販売開始
2000年04月(平成12年) GBIC(Gigabit Interface Converter:ジービック)販売開始
2000年08月(平成12年) ユニバーサル・スタジオ・ジャパン向けにベルデンケーブルを納入
2000年08月(平成12年) ISO9002認証取得
2001年08月(平成13年) 事業拡張のため相模原物流センター開設
2002年09月(平成14年) 本社屋増設
2003年03月(平成15年) ISO9001:2000認証取得
2003年06月(平成15年) 検証室設置
2003年08月(平成15年) クリーンルーム設置
2004年01月(平成16年) 資本金2,000万円に増資
2006年10月(平成18年) HDMIケーブル販売開始
2011年10月(平成23年) エコアクション21取得
2013年06月(平成25年) ロック電源ケーブル販売開始

エイム電子株式会社 経営理念及び社員信条

顧客満足、顧客重視の品質保証への取り組み

エイム電子では、お客様の満足を最優先とし、お客様のニーズに合った総合品質の向上を図りTQM(Total Quality Management)の実現を目指します。

総合品質への取り組みの一環として、2000年8月にISO9002の認証を取得いたしました。更に、2009年8月21日にISO9001:2008年版へ移行、認証取得いたしました。

エイム電子では、営業から開発、製造、物流まで品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001シリーズと、品質管理手法を取り入れ、小ロットから量産までエイム電子ならではの一貫した品質保証体制により、お客様のニーズに迅速且つ確実にお応えし高い評価を頂いております。

適用規格 JISQ9001:2008(ISO9001:2008) 登録証
登録証及び審査登録適合内容
登録組織 エイム電子株式会社
登録範囲 通信用ケーブル及び周辺機器の設計、製造
認証機関 一般財団法人 日本科学技術連盟 ISO審査登録センター
登録番号 JUSE-RA-299

環境への取り組み~地球環境の保全は、エイム電子の大きな課題でもあります

地球上のあらゆる人々が安心して暮らしていける、接続可能な社会づくりをサポートするために、私たちは全社的に環境問題に取り組んでいます。

環境問題への取り組みと、その継続的な改善を経営の最高課題の一つとして位置付けし、すべての事業活動において環境への取り組みへの配慮と保全に努め、豊かな社会と環境の実現に貢献します。

<行動指針>

  • 事業活動の全域で、省資源、省エネルギーの推進に努めます。
  • 環境保全に適合した製品の購入および販売の促進に努めます。
  • 環境マネジメントシステムの継続的な維持向上に努めます。
  • 環境法則性、および当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  • 環境方針を全従業員へ周知するとともに、環境管理教育および啓発に努めます。

エコアクション21ロゴマーク

取得日:2011.10.28

エコアクション21の認証・登録を取得しました

エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取り組みを効果的/効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り/取り組みを行い、それらを継続的に改善しその結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。

環境レポート